なぜAGAになるのか?

AGAが発症した患者の症状を分析してみると、DHT(ジヒドロテストステロン)という脱毛作用のある男性ホルモンが高濃度であるということが分かりました。
では、脱毛作用のある男性ホルモン、DHT(ジヒドロテストステロン)がどうして高濃度になってしまうかというと、それは遺伝であったり、ストレスなどの外的な要因であったり、生活習慣の乱れなどが原因であると言われています。
このDHT(ジヒドロテストステロン)を抑制するために内服薬やメソセラピーなどの治療を行っていきます。

AGAを予防する方法は完全に明確化されてはいません。治療薬を飲んでおくという方法もお勧めはできません。しかし、一種のホルモンバランスの乱れになりますので、ストレスや生活習慣の乱れを正し、喫煙や過度の飲酒などを避けることが大切です。

女性薄毛治療の病院ランキング

ページ上部へ戻る